HOME   >   会社案内   >   海外事業

海外事業

マルスミワンガレイ株式会社

Marusumi Whangarei Company Limited(MWC社)は、紙の原料となる針葉樹の木材チップの安定供給を目的として、1995年7月に丸紅株式会社との共同出資によりニュージーランドに設立されました。

年間約30万トンの木材チップを製造・集荷、全量日本へ輸出しています。チップの原料となる木材には、植林木や林地残材、建築廃材を使用し、国際的な認証機関により認証された木材の利用拡大を推進しており、FSC・CoC認証を取得しています。

  • ラジアータパイン植林地
  • 原木搬入
  • チップ工場全景
  • 生産チップ輸送
  • MWCバイパス
  • マースデンポイント港全景
  • チップヤード
  • チップ船 MILKY WAY
ページの先頭へ