HOME   >   会社案内   >   新規取組

新規取組

農業事業

株式会社しこくグリーンファーム

農業分野に新規事業進出

丸住製紙の第1次中期経営計画「新たなる飛躍2017」の基本方針の1つである「新規事業開発と省エネの推進」の中で、戦略課題として掲げられた「植物工場の事業化」が実現!
(株)しこくグリーンファームは平成27年4月に設立され、同年7月より出荷業務を開始しました。

水耕栽培で安心・安全なレタスの周年栽培を行い、サラダ、サンドイッチなどの加工惣菜会社に直接販売、また丸住製紙の経営理念にある「地域社会に貢献し愛される企業」を実現させるべく、雇用機会の提供をはじめ、生産したレタスを地元の四国中央市内のスーパー及び産直市を通じて販売しています。

会社概要

設立 平成27年4月1日
資本金 2,000万円
ハウス面積 4,800平方メートル(フェンロータイプ)
栽培方法 水耕栽培移動ベンチ方式
暖房システム LPガスボイラー
環境制御 ICT制御-室温、湿度、飽差管理
予定出荷株数 1.1百万株/年
栽培水源 地下水
  • 農場ハウス
  • 栽培風景
  • 栽培されたレタス
  • 栽培されたレタス

環境事業

製紙スラッジの焼却灰(PS灰)の有効利用

紙の製造過程で発生する「ペーパースラッジ(PS)」は、自家発電設備の燃料として使用されていますが、その燃焼灰は一部有効利用されているものの、多くが産業廃棄物として処理されており、その発生抑制や有効利用は製紙会社の大きな課題となっています。

丸住製紙は、平成23年4月から愛媛大学とPS灰の利用方法について共同研究を行って参りました。その研究から得られた結果をもとに、この度PS灰を利用したインターロッキングブロックの開発に成功しました。

愛媛大学と当社は、PS灰を用いてブロックの配合を調製し、セメントの代替として3分の1配合したPSブロックを製造しました。このブロックは、四国中央市と共同で行われた市営駐車場の舗装工事に初めて使用され、平成28 年1月21日完成式典が執り行われました。

これからも、経営理念である「地球環境保全に努める企業」を目指し、更なる取り組みを行っていきます。

 

  • PS灰ブロック設置事業(クリックで拡大)
  • 駐車場
  • 舗装ブロック
  • 式典(テープカット)
ページの先頭へ