HOME   >   採用情報   >   先輩紹介

先輩紹介

抄紙部(技術系総合職)大河内 哲也

入社の動機
「紙のまち」川之江で生まれ育った私にとって、「紙」はとても身近に感じる存在であったのと、地元の製紙会社で就職したいという気持ちがありました。
その中で、大学時代に環境のことについて学んだことから、環境への配慮や資源の有効利用、エネルギーや廃棄物の再利用等環境に対して取り組んでいるこの会社に惹かれました。
これまでのキャリア
現場研修(2014年4月~)
抄紙部(2014年7月~)
部署の業務内容と仕事内容
私達の部署は、チラシやカタログ、雑誌等の紙を抄造(紙を製造すること)しています。その中で、私の役割は、現場の仲間が働きやすくなるようにサポートしていくことです。主な仕事としては、様々な種類の紙がある中で、どのような順番で抄造していくかをスケジューリングし、それに伴い必要となるパルプ(紙の原料)の段取りや薬品の発注を行っています。また、現場の要望などから設備改善の工事を検討したり、その工事に向けての下準備をしています。
やりがいを感じたり、この仕事をやっていて良かったと思うのはどんなときですか?
工事作業がある際に、必要な知識等を勉強したうえで、資材物品の手配や段取りを計画的に行い、そのうえで工事がうまく進行した場合は喜びを覚えます。更に、自分で調査したことや考えて段取りした経験が、トラブル時での早急な対応に活かされ、そのことで褒められた時は自信にもなり、やりがいを感じています。また、機械の構造を知ることで仕事面だけでなく、私生活にも役立つこともあります。仕事がより楽しく感じられます。
あなたにとって、会社の魅力はどんなところですか?
私は若手ながら様々な仕事に挑戦させてもらっています。その中で、上手くいく仕事もありますが、つまずいて考えこんでしまう仕事もあります。事が前へ進まない時などは、上司や先輩がヒントをくださり、最後まで自分でやり遂げられるようにしてくれます。
このように経験を積みながら自信をつけさせてもらい、将来に繋がるように様々な仕事に挑戦させてくれる環境がこの会社の魅力だと思います。
将来の夢や抱負
紙の製造は、様々な工程を経ています。その中の一つに注目しても理解すべきことは膨大にあり、毎日少しずつ吸収させていく努力をしています。確実に仕事をこなせるようになって上司や同僚から任せてもらえる人になりたいです。

原質部(技術系総合職) 眞鍋 雄大

入社の動機
愛媛県内で就職活動を行っていた時、地元である四国中央市の企業も受けてみようと考えたことが始まりでした。農学部出身者であった私は機械工学の勉強には触れたことすらなかったので非常に不安でした。しかし、面接でその不安な気持ちをぶつけたところ、「農学部出身者の先輩も活躍しているからそんなに不安にならなくて大丈夫だよ。」と親身になって答えて下さり、この温かさが入社への一番の決め手になりました。
これまでのキャリア
現場研修(2012年4月~)
原質部(2012年7月~)
部署の業務内容と仕事内容
部署の業務内容は、使い終わった後の紙を再利用してDIP(古紙パルプ)や上質DIP(上質古紙パルプ)を製造すること、機械系パルプの漂白、及びそれらとクラフトパルプの原料を抄紙部(紙の製造部門)へ必要量を供給することです。
やりがいを感じたり、この仕事をやっていて良かったと思うのはどんなときですか?
今の職務において、パルプ生産・流送計画の立案時には自部署だけでなく他部署の状態も考慮しなければなりません。時々刻々と変化する各状況を理解した上で、それらの状況にマッチングしているかどうか、電力の無駄遣いになっていないだろうか、などと考え抜いて最良の選択ができたとき、やりがいを感じています。
あなたにとって、会社の魅力はどんなところですか?
第一に、他部署の方との交流です。先輩方から飲み会やスポーツ、イベント行事等のお誘いがあるので、普段の業務で関わらない人とも気軽に打ち解けることができます。また、強制もありませんので安心です!操業現場スタッフへ配属された人にはもれなく筋トレ(?)がついてきます!
第二に地域行事への参加です。毎年7月に紙まつりが開催され、紙おどりというイベントへの参加や紙関係の出展を行っており、楽しめます。
将来の夢や抱負
設備管理・保全に対しての勉強がまだまだ足りていませんが、必要な知識習得に更に尽力し、総合職として一人前の仕事ができるようになりたいです。また、省エネやコストダウンを積み重ねながら日々の仕事に取り組んでいきたいです。

原質部(技術系総合職) 西川 聖

入社の動機
地元である愛媛で働ける場所を探していました。また、私は漫画が好きで、自分の好きなものに関わる仕事をしたいと思ったことも動機の一つです。
これまでのキャリア
現場研修(2014年4月~)
原質部(2014年7月~)
部署の業務内容と仕事内容
私の部署では紙の原料の一つである、TMP(サーモメカニカルパルプ)と呼ばれる機械パルプを製造しています。木材チップをリファイナーという円盤状のヤスリのようなものですりつぶしてパルプ化しています。その中でも薬品や原料の在庫管理、パルプの生産計画等の業務を行っています。
やりがいを感じたり、この仕事をやっていて良かったと思うのはどんなときですか?
以前、失敗をして上司に注意されたところがあり、その問題を次の機会に改善し、達成できた時にやりがいを感じます。一度間違えたところは、新しくデータをまとめ直し、同じ間違いがないように努力しています。自分が成長できたということが実感できた時にやっていて良かったと思います。
あなたにとって、会社の魅力はどんなところですか?
大きな抄紙機(紙を製造するマシン)や、山のようなチップサイロ等を間近で見たり触ったりなど、色々な経験、体験ができるところや人と人の関係が良好なところです。また、自分の仕事が直接生産に関わる、責任感のある仕事ができるところも魅力だと思います。
将来の夢や抱負
日々、考えて行動し、常に成長していきたいと思います。現状は、知らないことが多く、成長の余地がまだまだあります。今後、同じミスを繰り返さないよう、常に意識し、仕事に取り組んでいきたいと思います。

施設部(技術系総合職) 石川 慎

入社の動機
私は生まれた頃から川之江で育ち、この町が私の故郷です。大学進学にて6年間、地元を離れていましたが就職の際に地元に戻りたいという気持ちが強く、企業を調べている中で、小さい頃から目にしていた丸住製紙が目に留まりました。川之江の特産である紙を作ることが出来ること、大学で学んだ電気の知識を生かすことが出来ること、故郷にも戻れることが入社した動機です。
これまでのキャリア
現場研修(2010年4月~)
施設部(2010年10月~)
部署の業務内容と仕事内容
部署では、全工場設備における制御や測定機器全般の設計、施工、保全を行っています。私の仕事は、抄紙機(紙を製造するマシン)設備における各トラブル対応、改造工事の施工管理、トラブル低減に向けた設備改良を行うことです。
操業者から、機械修理、新設備の取り付け、機械動作の変更依頼を受けて、設備の改善や改良を行います。操業者からの依頼のメインは、機械の修理が多く、機械が動かないと生産に影響するので、すばやく対応するように心がけています。
やりがいを感じたり、この仕事をやっていて良かったと思うのはどんなときですか?
機械の改良、改善、取り付け前には調査を行いますが、初見の設備に関しては、機能や仕組みの勉強から始まるため、苦労します。それらを乗り越えて、工事が終了して設備が始動した時や、自分の思い通りの改良の結果が出たときにやりがいを感じます。
特に、大江工場にある大型抄紙機の脱水パート改造工事はやりがいを感じました。
あなたにとって、会社の魅力はどんなところですか?
上司から部下までの距離が近く、身近に感じることができる点です。仕事でもプライベート面でも気軽に相談に乗ってもらえます。仕事に関しては、必要があれば上司が一緒に現場まで足を運んでフォローしてくれます。プライベートでは、一緒に飲みにいくこともあります。一つの問題に対して、上司と部下が一体となり、状況の改善に取り組む等、チームワークの良さが魅力です。
将来の夢や抱負
現在は、担当した改造工事の保守、保全準備を行っています。予備品の段取りや図面の整理、物品の交換手順の整備など、トラブル時にも即対応できるような体制を作っています。今後は、まだまだ知らない技術や知識が多くあるので、もっと経験や技術、知識を積んで自分で設備のシステムを設計、作成ができるようになりたいです。また、少しでもトラブルを減らし、生産に貢献できればと考えています。

営業本部(事務系総合職) 石川 陽智

入社の動機
堅実で歴史があり、地域社会に密接した企業であることが入社の決め手でした。また、紙という日常生活になくてはならないものを製造しているという点が身近に感じられたことも理由です。
これまでのキャリア
現場研修(2015年4月~)
営業本部(2015年5月~)
部署の業務内容と仕事内容
部署では、代理店からいつどの銘柄を使用するか日々発注をいただきながら、抄造(紙を製造すること)数量や在庫の管理をしています。年度末に作成する年次計画と毎月作成する月次計画に基づき、拡販による売上数量確保とコストアップにならないための適正在庫を維持させます。また、印刷所等からのクレームにおいての印刷立ち会い・検品等を実施して本社工場に報告、必要に応じて工場へ対策を依頼し、ひとつひとつ問題を解決しながら顧客との信頼関係を築きます。
やりがいを感じたり、この仕事をやっていて良かったと思うのはどんなときですか?
当社の製品が使われた本を手に取った時や仕事をしていく中で人から「ありがとう」とお礼を言われた時にはやりがいを感じます。また、紙の使用量や紙の用途によって世の中のトレンドが分かるのも面白いです。映画化・アニメ化となったりメディアで取り上げられたタイトル等、売れ行き好調のものは重版がかかり数量が多くなります。
あなたにとって、会社の魅力はどんなところですか?
紙という日常生活になくてはならないものの製造が身近に感じられ、社内外の様々な立場の人と仕事をし、色々な経験ができることに魅力を感じて当社を選びました。営業においては、製造・物流に関しての知識も求められ、その点はよく学べます。印刷立ち会いにおいては印刷現場を知ることができます。それから、代理店、印刷所、出版社など多種多様な人と仕事ができることは魅力だと思います。
将来の夢や抱負
営業は、「会社対会社ではなく、人対人で商売し自分を買ってもらう」こと、人として取引先に信頼されることが必要だと言われます。ただ、まだ経験が浅いことから、自信を持って対応できないこともあります。さらに、知識吸収、情報収集、コミュニケーションを活発化させ、自信を持って仕事に取り組めるようになりたいです。

業務部(事務系総合職) 石川 京平

入社の動機
身近で、日常生活において関わりの強い「紙」に関連した仕事に就きたいと考えていました。また、丸住製紙は地元製紙会社の中でも地域と密着した会社だと感じたので入社しました。
これまでのキャリア
現場研修(2012年4月~)
業務部(2012年7月~)
営業本部(2017年4月~)
部署の業務内容と仕事内容
部署では、各地区の営業から寄せられる、紙の製造や加工の依頼に基づいて、各種書類を発行したり、製品在庫の保管や保全管理、さらに製品出荷などの物流管理まで広範囲にわたる業務を行なっています。
私の仕事内容としては、主に、トラック・船舶の配送手配といった製品出荷計画の立案と実施が担当でした。
やりがいを感じたり、この仕事をやっていて良かったと思うのはどんなときですか?
自分が計画した出荷指図通りにトラックや船が製品を積んで運ぶので、責任重大です。その中で、最適な物流方法を考え、少しでもコストを抑えた配送ができ、実績となって数値に出たときにやりがいを感じます。
また、営業からの無理難題を解決できたときに喜びを感じています。
あなたにとって、会社の魅力はどんなところですか?
まずは、人間関係がすばらしいと思います。上司は部下の長所を伸ばしながらも短所を克服するような教育を考えてくれていると思います。
また、清掃活動や地元のイベント等にも積極的に参加し、地域と密着した活動を行っている点が魅力です。
将来の夢や抱負
PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルを心掛け、自分の意見をはっきり持って、周囲からの人望が厚く、信頼されるような人間になれるよう精進していきます。

原材料部(一般職)久米 祥子

入社の動機
Uターン就職を希望しており、実家から通える距離だったこと、また、会社訪問や面接の際に対応して下さった女性社員の方がいきいきとしていて、雰囲気のよい働きやすそうな会社だと感じたので志望しました。
これまでのキャリア
原材料部(2010年4月~)
部署の業務内容と仕事内容
部署では、紙の製造に必要不可欠な木材チップや古紙、薬品や燃料の調達を行っています。私は国内外から調達される木材チップの仕入れに関する事務を担当しています。日々入荷する国内チップの仕入処理(データ入力)や輸入チップ船積書類の確認、請求書作成、支払手続き等の業務をしています。また、当社が取得している森林認証(当社HPの木材調達のページ参照)の社内事務局の業務も行なっており、社内の問い合わせ窓口やクレジット計算等の事務局の仕事も担当しています。
やりがいを感じたり、この仕事をやっていて良かったと思うのはどんなときですか?
外国で木材チップを積んだ船が三島川之江港に到着する迄の限られた時間の中で、各種書類の確認や支払い、代理店への通関手配等の必要な手続きを完了し、無事に船が入港出来たときにやりがいを感じます。
近距離での船積みの場合はタイトなスケジュールになりますが、各方面と連携し、本船入港に影響が出ない様、気をつけながら仕事をしています。
あなたにとって、会社の魅力はどんなところですか?
結婚、出産後も仕事を続けている女性の先輩が複数おり、希望すれば時短勤務制度を利用できる等、子育てしながら働けるところです。
また、上司との距離が近く、気さくに声を掛けてもらえます。一般職の意見も積極的に取り入れようとして下さっており、発言しやすい雰囲気があります。フランクな人が多く、所属部署や年齢に関わらず飲み会も多く開催されています。
将来の夢や抱負
任せて貰っている仕事を一つ一つ確実に行ない、イレギュラーなことにも柔軟に対応していける様、業務の知識を深めていきたいです。一般職として、課の運営がスムーズに進んでいくよう、総合職をサポートして行きたいです。

原動部(技能職)岸 勇輝

入社の動機
人が生活していく中で必要不可欠な紙を生産していることが動機の一つです。製紙業はサーマルリサイクルや古紙回収、バイオマス燃料の活用、リサイクル事業等に積極的な業界である点にも魅力を感じました。
これまでのキャリア
原動部(2009年4月~)
部署の業務内容と仕事内容
石炭ボイラーにより蒸気を発生させ、タービン及び発電機にて発電を行った後、工場の各プラントに蒸気と電気を供給している職場で業務にあたっています。私はエネルギーを安定的に供給するための監視と設備機器の点検を担当しています。監視については、ボイラーでの燃料の燃焼具合等、設備機器の点検ではモーターの異音の有無や温度に異常がないか等、留意すべき点は多くあります。
やりがいを感じたり、この仕事をやっていて良かったと思うのはどんなときですか?
設備の異常を早期に発見して対処を行い、トラブルを未然に防ぐことができた時です。ボイラーにおいて燃焼の不具合がある場合は、制御画面を操作し空気の量を調整したりします。モーターに異常を見つけた場合は、電気関連の部署に連絡し、対応を依頼しています。私の部署は工場へエネルギーを供給している、言わば心臓部です。ボイラーが停止するということは工場が停止するということに繋がります。責任は大きいですが、その分やりがいを感じています。
あなたにとって、会社の魅力はどんなところですか?
やさしく丁寧に仕事を教えてくださる先輩がたくさんいるところです。ボイラーは構造が複雑で理解が難しく、業務を進める上で覚えることも多くあります。先輩が時に手本を示しながら、指導してくださる環境があるので、困難な仕事も乗り越えることができています。
将来の夢や抱負
職場の皆に信頼されるようになりたいです。現在はまだ経験不足で、仕事の中で先輩に助けを求める場面も少なくありませんが、トラブル等があれば積極的に現場に出向き、先輩に教えて頂いたことをメモして日々勉強しています。将来的には私自身も先輩のように職場において信頼される人材になりたいです。

採用についてのお問い合わせ先

〒799-0196
愛媛県四国中央市川之江町826
丸住製紙株式会社 総務人事部人事採用教育課 採用担当
TEL:0896-57-2219

お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭へ