HOME   >   紙/新素材   >   セルロースナノファイバー

セルロースナノファイバー(CNF)

環境負荷の低減を図ることは企業にとって永遠の課題です。
丸住製紙は、環境に優しく、強度と軽量の両方を兼ね備えた次世代新素材セルロースナノファイバー(CNF)の製造技術を独自に開発することに成功しました。

セルロースナノファイバーとは

CNF濃度 1.0wt%

セルロースナノファイバー(CNF)は、木材を原料にして、従来の製紙技術で製造した木材パルプ(紙の原料)をナノレベルまで細かくほぐした超極細のセルロースファイバー。ナノセルロースとも呼ばれる(以下、ナノセルロース)バイオマス由来の新素材です。

数ナノまで細いナノセルロースは、透明で、特徴的な粘度性能を持ち、軽くて強い、温度変化による変形の少ない特性を持つといわれており、多くの分野での利用が期待できます。

●セルロースナノファイバー= Cellulose Nano Fiber
●ナノセルロース= Nano Cellulose
●ナノ = 1mmの百万分の1の長さ

木材パルプからのナノセルロース製造イメージ

  1. 木材は細かく砕かれて木材チップに加工(幅約5cm,厚さ約1cm程度)
  2. 製紙工場で木材チップから繊維を取り出し、パルプ化
  3. パルプを薬品で化学処理し、細くほぐれやすく加工(化学変性)
  4. 高い圧力をかけて、木材繊維(パルプ)をほぐす(解繊)

ナノセルロースの特徴

CNF 拡大
CNFの電子顕微鏡写真

自社で製造したパルプ(KP)を薬品処理し、イオン性の官能基を木材繊維形成しているセルロースへ導入します。この官能基の静電反発性により、ナノレベルへの繊維解繊を容易にし、また、数ナノメートル(数nm)まで細く長い繊維が安定して分散します。

数nmまで細くなった繊維は、可視光の波長(400nm~700nm)よりも細いため、光を透過しCNFは透明になります。

●KP=クラフトパルプ,化学パルプ

自社化学変性ナノセルロースの特徴

  • 高い透明性
  • チキソトロピー性を有する
  • セルロース表面への官能基導入
  • 解繊処理にかかるエネルギー低減
CNF濃度 0.5wt%

透明性:独自の化学処理法による高透明性(CNF濃度 1.0wt%)

透明性

チキソトロピー性:スプレー可能で垂れないゲル(CNF濃度 0.5wt%・1.0wt%)

チキソトロピー性

流動性:液体のように流れる(CNF濃度 0.5wt%)

流動性

粘性:逆さにしても垂れないゲル(CNF濃度 1.0wt%)

粘性

ナノセルロースの透明性評価・粘性評価

ナノセルロースの用途

ナノセルロースの特徴(高透明性,チキソ性)を生かして、多くの分野で利用していただけるよう、用途開発を進めてまいります。

  • 化粧品
  • 塗料
  • 光学フィルム
  • 自動車

CNFに関するお問い合わせ

丸住製紙株式会社 〒799-0196 愛媛県四国中央市川之江町826番地

技術に関するお問い合わせ
研究開発部担当:後藤
(メールのみの対応とさせていただきます)

お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭へ